デレク・ジーター氏インタビュー①「日本は世界で3番目に大きなスポーツ市場」

Source: The Players’ Tribune

ニューヨーク・ヤンキースで20年間プレーし、現在はマイアミ・マーリンズのオーナーでもあるデレク・ジーター氏がSportsPro Mediaのインタビューに応じた。

インタビューの中でジーター氏は、自身が運営するメディア「The Players’ Tribune(TPT)」の日本進出について語った。

本ページでは、その内容を数回に分けて紹介する。

Q. TPTの日本進出の経緯について教えてください。

A. 日本は世界で三番目に大きなスポーツ市場です。スポーツコンテンツに対する需要も大きいはずです。

加えて、日本は世界でもトップクラスのアスリートを輩出しています。しかし、日本のトップアスリートがファンに直接、自由に、そして正直に話す場というのがないように見えました。

TPTというメディアを世界的に展開していくというのは、設立当初からの目標でもありました。

Q. TPTは日本のメディア界においてどのような立ち位置につくと思いますか?

A. TPTは、「アスリートが自らストーリーを語る」というメディアとして今までに類を見ないものになります。

ジャーナリストやリポーターがスポーツ業界に欠かせない存在であることは承知していますし、私自身、大きな敬意を持っています。

一方で、我々は日本のメディア界に新たな風を吹き込み、日本のアスリートに彼ら彼女らの持つユニークな物語を共有する場・ファンとより強くつながる場を提供できると信じています。

つづく。

The Players’ Tribuneはこちらから:https://www.theplayerstribune.com/jp/posts/derek-jeter-baseball-dear-japan

参考文献:
https://www.espn.com/new-york/mlb/story/_/id/11621489/derek-jeter-launches-website-connect-athletes-fans
https://www.sportspromedia.com/interviews/derek-jeter-the-players-tribune-japan-2021-launch

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中