NBC Sports Network、2021年末で営業終了①

スポーツ専門チャンネルであるNBC Sports Network(NBCSN)が、2021年末を持って営業を終了することが明らかになった。

NBCSNは、NHL、NASCAR、プレミアリーグ、そしてオリンピックなどを放映している。

NBCSNの親会社はNBCUniversal。NBCUniversalは、USA NetworkやMSNBCといった多くのメディアを所有している。

そもそもNBCUniversalがNBCSNを立ち上げたのは、スポーツという人気コンテンツを使って視聴者数や契約料金を上げるためであった。

ESPN (親会社:Disney)やFox Sports(親会社:Twenty First Century Fox)も基本的には同じ役割を期待されている。

しかし近年コードカッティングが顕著になり、多くの消費者はストリーミングに乗り換えている。

テレビそのものの視聴者が減少傾向にあるなか、専門チャンネルを多く運営するビジネスモデルは効率が悪くなりつつある。

視聴者の少ない専門チャンネルを閉鎖し、人気コンテンツは主要チャンネルに集中する。同時に、ストリーミングのプラットフォームを立ち上げる。

これが昨今のメディア界の流れと言える。

つづく。

参考文献:
https://www.nbcsports.com/chicago/nbc-sports-network-will-shut-down-nbc-sports-chicago-not-impacted
https://www.cnn.com/2021/01/22/media/nbc-sports-network-shut-down/index.html

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“NBC Sports Network、2021年末で営業終了①” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中