SEC、ESPNと放映権契約

Jason Getz/USA TODAY Sports

カレッジスポーツで最も人気の高いカンファレンスの一つであるSoutheastern Conference (SEC)がESPNと放映権契約を結んだことが明らかになった。

ニューヨークタイムズの報道によれば、契約内容は10年総額30億ドル(約3120億円)。

単純計算で毎年3億ドル(約312億円)をSECは受け取ることになる。

これは現在放映権を保有しているCBSが払っている放映権料(毎年5500万ドル)の5倍以上である。

この契約によって、SECの放映権はすべてESPNの親会社であるディズニーが所有することになる。

そしてディズニーはSECの人気コンテンツを、ESPNだけでなく傘下に収める他のメディア(ABC、ESPN+)も使って放送していくという。

SECは1996年以来、長きに渡ってCBSと放映権契約を結んできたが、2023年の契約終了をもってこの関係に終止符を打つことになる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/sec-espn-abc-football-tv-rights-cbs

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中