NBA、スポンサーシップに関する制限を解除

先週ESPNは、NBAの収入が昨シーズン比で10%減であったと報道した。特にチケット収入は8億ドル(約838億円)減であったという。

これを受けてNBAは、各チームの収入増を手助けするために、スポンサーシップに関する制限をいくつか解除することを決定した。

たとえば、「床スポンサーシップ」は、これまでサイドライン付近にのみ許されていたが、ゴール付近も利用することができるようになる(ただし、現時点では、全国放送のない試合に限られている)。

また、これまでは2社に限られていたグローバルスポンサーシップの契約を3社まで許可する。

八村選手が所属するワシントン・ウィザーズのように特定の海外市場で注目の高いチームは収入増の機会となる。

さらに、ハードリカー(アルコール度数の高いお酒)やカジノ、スポーツ賭博業者など、これまではチームごとの契約が制限されていたスポンサーシップカテゴリーも完全解禁される。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nba-sponsorship-inventory-alcohol-casino-betting-partners-covid-19

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中