Adidas、Reebok売却を検討中

AdidasがReebokの売却を検討していることが明らかになった。今後数ヶ月のうちに最終的な決定を下すという。

Adidasは2005年に38億ドルでReebokを買収したが、2016年にカスパー・ローステッド氏がAdidasのCEOに就任してからは常に売却の噂があった。

現在Adidasはコロナウイルスの影響で収益を大きく減らしている。2020年第2四半期の売上は前期比34%減、Reebokだけを見ると42%減であった。

Reebokの売却が成立すればAdidasは財務状態を改善することができる。

報道によれば、VF Corporation(TimberlandやThe North Faceの親会社)などがReebokの買収に興味を示しているという。

売却額は23億ドルほどになると推定されており、そうなれば15年前にAdidasが支払った金額を大きく下回ることになる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/adidas-reebok-sale-kasper-rorsted-vf-corporation-anta-international

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中