IBM、Overwatch Leagueと業務提携

先週9日、IBMはeスポーツのOverwatch Leagueと業務提携を結んだことを発表した。

IBMはこれまでウィンブルドンやUSオープン、マスターズといったスポーツイベントに携わってきたが、eスポーツ団体と提携を結ぶのはこれが初めてである。

IBMの主な役割はOverwatch LeagueにAI、クラウド、およびデータ解析技術を提供すること。

Overwatch Leagueはそれらの技術を「試合中継の質を向上させるためのコンテンツ作成」や「ランキングシステムの改善」等に活用する。

IBMのノア・サイケン氏は「この提携を通して、団体にとっても、選手にとっても、そしてファンにとってもより楽しく夢中になる経験を提供します」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/overwatch-league-ibm-esports-sponsorship-ai-cloud-analytics

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中