スポーツ観戦用3Dホログラム、開発中

BT

イギリスのCondense Reality社は、3Dホログラムをスポーツ観戦に応用する技術を開発したと発表した。

同社は、今後12か月で商品化を目指すという。

これはCondense Reality社、イギリスの通信大手のBTグループ、そしてブリストル大学の共同事業で、イギリス政府のデジタル・文化・メディア・スポーツ省が支援している。

従来、ホログラムを使った映像を作成するためには緑色のスクリーンと何百というカメラを設置したスタジオが必要で、数分の映像を制作するのに数日かかっていた。

Condense Reality社の発表によれば、今回開発された技術はそのような特別なスタジオを必要とせず、リアルタイムで配信することも可能だという。

通信大手のBTグループが事業に参加していることから、同社のスポーツ専門チャンネルBT Sportがいち早く導入するものと思われる。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/condense-reality-bt-hologram-technology-streaming-volumetric-video-boxing

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中