キャバリアーズ、「練習用ユニフォームスポンサーシップ」を導入

クリーブランド・キャバリアーズは、練習用ユニフォームを用いたスポンサーシップを販売した。NBAでは初めてのケースとなる。

正式な契約発表はまだされていないが、チームがSNSに投稿する画像や映像から、練習用ユニフォームにGoodyear社のロゴがついていることが確認された。

キャバリアーズとGoodyearは2017年に試合用ユニフォームのスポンサーシップ契約(年間1000万ドル)を結んでいるが、この時点では練習用ユニフォームの権利は含まれていなかった。

NBAは、コロナ禍で収入が減少しているチームに新たな収入源を与えようと、新しいスポンサーシップをいくつか承認している。練習用ユニフォームもその一つだ。

試合用と練習用ではいくつかの違いがある。

① ロゴのサイズ:試合用(6.35cm×6.35cm以内)と比べ、練習用(30.48cm×12.7cm以内)は数倍大きい。
② ロゴの位置:試合用は左肩。練習用は腹部。
③ 着用ルール:試合用は試合中に着用されるが、練習用は試合開始の90分前まで。

今回は同じ企業が試合用と練習用の権利を獲得する形になったが、MLS等では試合用と練習用でスポンサーが異なるケースもある。

今後他のNBAチームがどのような契約を結ぶのか、注目である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/cleveland-cavaliers-practice-jersey-sponsor-goodyear-nba

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中