アリババ、スポーツイベント用の新サービスを発表

Getty Images

中国のeコマース大手のアリババは、AIやクラウドを活用した種々の新サービスを発表した。

たとえば「イベント・シミュレーション・サービス(ESS)」という新サービスでは、スポーツイベントが開催されるスタジアムのレプリカをシステム上に作り上げ、それを用いた様々なシミュレーションを可能にする。

たとえば、イベントを中継するテレビ局はESS上で様々なカメラアングルを試すことができる。これによって、現地に行くことなく、カメラの数や配置などを事前に決めることができる。

また、イベントの主催者は、施設内の器具・機材の配置をESSで試すことができる。たとえば、検温器や消毒エリアといった器具・機材の配置は今後スポーツイベントを開催する上で重要な課題となる。

新サービス開始に先立ち、アリババは「ESSのスタジアムレプリカを作り上げる能力は、時間と費用を削減します。そして、実際に施設で作業をすることで生まれる様々なリスクを軽減することもできます」とコメントした。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/alibaba-artificial-intelligence-cloud-virtual-fan-software-olympics-covid

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中