WNBA、Twitterとのネット放映権契約延長

今週、WNBAはTwitterとのネット放映権契約を延長したことを発表した。

この契約に基づき、2020年のレギュラーシーズンは10試合をTwitter上(リーグの公式アカウント)で中継する。過去にはMLBなども同様の契約を結んでいる。

WNBAがTwitterで試合中継をするのは4年連続となる。

WNBAの2020年シーズンは7月25日に始まり、9月12日に終了予定。試合はすべてフロリダ州で開催されている。

また、試合中継に加え、TwitterはWNBAのハイライトやPRコンテンツも制作・投稿する予定である。

この契約に際して、WNBAコミッショナーのキャシー・エンゲルバート氏は、Twitterについて「WNBAのメディア戦略に欠かせないピース」と語り、Twitterのスポーツ・パートナーシップ部門長のTJアデショラ氏はWNBAを「長年にわたる最重要パートナー」と表現した。

なお、WNBAの試合中継はESPNやABCといったテレビでも行われている。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/wnba-twitter-2020-live-streaming-rights-deal-basketball-florida

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中