Dr. Turickインタビュー⑦スポーツに政治は持ち込むべきではない?

Q. それでもアスリートが政治的なメッセージを発することには賛否両論ありますね。

A. 数年前、レブロン・ジェームス選手が社会問題に関する発言をした際、Foxニュースのローラ・イングラハムというキャスターは「Shut up and dribble(黙ってドリブルしろ)」と言いました。

このような発言はしばしば耳にしますが、これは「アスリートは政治的な発言をするべきではない」という考えから生じるものです。

スポーツが果たす重要な役割の一つは、実社会の問題やストレスを忘れる機会を与えることです。

たとえば、現在、コロナウイルスの影響で多くの人が不安やフラストレーションを抱えています。人々は、そういった問題から一瞬でも解放されたくて、スポーツイベントの再開を心待ちにしています。

しかし、この社会には、生まれてからずっと大きな不安や恐怖、ストレスに苦しめられている人々がいます。それもただマイノリティというだけで。

そういった人々の苦しみを無視して、なぜ多数派の息抜きを優先しなくてはいけないのか。すべての人が平等にスポーツを楽しめる社会にすることが先決ではないか。

これが政治的な動きに参加するアスリートたちの立場です。

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中