NFL、「座席スポンサーシップ」を解禁

先週25日、NFLは、今シーズン観客を入れるとしても、フィールドに近い前列6~8列には観客を入れることを禁止する方針を発表した。

選手と観客の間にスペースを空けることによって、コロナウイルス感染のリスクを下げることが狙いだという。

これと同時に、空席となった座席をスポンサーシップに活用することも許可された。

これまでNFLには「40フィートルール」と呼ばれるルールがあり、各チームはフィールドから40フィート(約12メートル)上までは広告を出すことが禁止されていた。

しかし、コロナウイルスの影響で収益減が予想されるなか、各チームに新たな収入源を与えるため、このルールが一時的に緩和された。

空席を用いたスポンサーシップは、すでにヨーロッパサッカーなどで行われている。

Nielsen社の調査によれば、プレミアリーグでは一試合当たり200万ポンド(約2億6000万円)ものスポンサー収入が生まれているという。

NFLはテレビ視聴率が非常に高く、メディア露出の価値も高い。今後、各チームがどのような形でこの機会を生かすのか、注目である。

参考文献:
https://www.sportspromedia.com/news/nfl-branded-stadium-seat-coverings-sponsorship-income

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中