コカ・コーラ、MLBとのスポンサー契約終了

今週、コカ・コーラがMLBとのスポンサー契約を更新しないことがわかった。

この件は今週報道されたが、実際は今年初めにすでに決定していたことだという。

報道によれば、これはコカ・コーラ社の予算に基づいた決定であり、他のファクター(コロナウイルスの影響など)は関係ないという。

コカ・コーラがMLBと契約したのは2017年。

同社はそれ以前も複数のMLBチームと個別にスポンサー契約を結んでいたが、ハイライト動画やSNSの使い方などにおいてリーグが管理する部分が大きいことから、より自由なビジネス展開のためにリーグと契約した。

今回の契約解消によって注目が集まるのがペプシ社の動向だ。

同社はNBA、NFL、そしてNHLのスポンサーであり、MLBとも1997年から2017年まで契約を結んでいた。ペプシがMLBとのスポンサー関係を復活させる可能性は十分にある。

しかし、同社は現在コロナウイルスの影響をもろに受けている。たとえば、これまで取引をしていた小売やレストランが次々に閉店している。この状況で数10億円規模の契約を結ぶのはリスクが高い。

ましてMLBは未だシーズン開幕のめどが立っていない。これらを踏まえると、ペプシもすぐには契約には乗り出さないかもしれない。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/06/08/Marketing-and-Sponsorship/Marketing-and-Sponsorship.aspx
https://adage.com/article/cmo-strategy/coke-takes-pepsi-mlb-sponsor/308516

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中