NHL、プレーオフのフォーマットを選手会が承認

NHLの2019-20年シーズンはコロナウイルスの影響で3月12日に中断した。

レギュラーシーズンの再開は難しくなったが、プレーオフ開催を実現するべく、リーグ関係者は奔走してきた。

そして、先週21日、NHL選手会の理事会は電話会議を開き、リーグ側が提案していたプレーオフのフォーマットを承認した。

今回承認されたフォーマットでは、参加するのは24チームで、イースタン・カンファレンスから12チーム、ウエスタン・カンファレンスから12チームの参加となる。

残りの7チームは、プレーオフに参加することなく、このままシーズン終了となる。

ただし、今回承認されたのはあくまでフォーマットであり、プレーオフを実際に開催するためには、これから細部を交渉していくことになる。

特に、プレーオフの開催地(2都市にチームが集まり、開催される可能性が高い)や、選手がコロナウイルスに感染しているかをどのように検査するかなど、解決すべき課題は多い。

最終的にリーグと選手会が合意すれば、今夏、NHLプレーオフが開催されることになる。

参考文献:
https://www.tsn.ca/insider-trading-a-closer-look-at-the-nhl-s-proposed-24-team-return-1.1477984
https://www.espn.com/nhl/story/_/id/29211505/nhlpa-board-approves-league-plan-24-team-playoffs-coronavirus-return

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中