MLB、今年はレベニューシェアなし?

MLBコミッショナーのロブ・マンフレッド氏は先週木曜日、CNNの取材に答え、今シーズンが仮に開幕できなかった場合の損失は40億ドルに達しかねないと答えた。

このシナリオを回避するためにMLBは様々な案を模索しているが、オーナーおよび選手会から合意を得ることに苦戦している。

そんななか、仮にMLBが開幕できたとしても球団間のレベニューシェアは行われない見込みだとThe Athleticが報じた。

通常MLBは、30球団がそれぞれ上げた「地方収益(チケット販売などから得た収益)」の48%を徴収し、それを全球団に再分配している。

これは、ニューヨークのような巨大マーケットとカンザスシティのような小さなマーケットの間に生じる格差を是正することが目的だが、今年はそもそも地方収益がほとんど得られていない。そのような状況ではレベニューシェアもできない、というわけだ。

地方収益が激減すること自体の影響が大きいのは巨大マーケットのチームだが、レベニューシェアがなくなることの影響が大きいのは小規模マーケットのチームだ。

たとえば、マイアミ・マーリンズはレベニューシェアを通じて約7000億ドルの恩恵を受けているが、それがなくなることになる。

参考文献:
https://theathletic.com/1816056/2020/05/15/with-no-fans-revenue-sharing-among-rich-and-poor-teams-will-be-unlikely-in-2020/
https://www.sportsbusinessdaily.com/Daily/Issues/2020/05/15/Coronavirus-and-Sports/MLB-Main.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中