バーチャルG-Day

カレッジフットボールのシーズンは8月末から9月頭に開幕するが、大きな大学は3~4月に「スプリング・フットボール」という紅白戦を行うのが伝統となっている。

これには新チームのお披露目、そして新シーズンにむけてアメリカンフットボール熱を高める狙いがある。

ジョージア大学はこれを独自に「G-Day」(GはGeorgiaに由来する)と呼び、イベントとして盛り上げている。チケットは無料で、何万人ものファンが観戦に訪れる。

今年はコロナウイルスの影響で中止せざるを得なかったが、同大学は4月18日に「バーチャルG-Day」を開催した。

メインコンテンツは、2019年全米選手権決勝ジョージア大学対ノートルダム大学の再放送で、スコット・ハワード監督がFacebook Live上で解説を担当した。

それと同時進行で、同大学が管理するあらゆるSNSやネット局を駆使し、#VirtualGDay というハッシュタグとともにコンテンツを提供した。

ファンも同じハッシュタグを用いて動画や写真を投稿し、同イベントは100万以上のインプレッションを記録した。

ジョージア大学体育局副局長のマイク・ビルボー氏は「これだけ多くのチャンネルを持っていれば、それを一つのイベントに集中した際に、とてつもなく大きな『拡声器』となります」と言う。

「バーチャルG-Dayはファンベースとコミュニケーションを取り、つながりを確認する素晴らしい方法となりました」

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/05/11/Colleges/Virtual-tailgates.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中