「衛生管理者」は、スポーツ組織に欠かせない職になる?②

今日8日、NBAは、外出規制を弱める複数の州において、選手が練習施設に戻ることを認める。

これに先立ち、同リーグは各チームに、練習施設の衛生管理を担当するスタッフを置くよう通達した。

これは多くのチームにとって新しい役職となるが、新たに専門家を雇うのではなく、既存のスタッフが追加でこの役割を担うことになりそうだ。

そこでNBAはコロナウイルス予防ガイドラインを独自に作成し、各チームの担当者がこれに従うよう指導した。

あるリーグ関係者は「私たちは、この課題に取り組む人々をかき集めました」と言う。

「世界中のスポーツ業界関係者、そして他業種の専門家とも議論を続けてきました。私たちは、NBA施設を世界中で最も安全で清潔な環境にしたいと思っています」

またあるチーム関係者は、以下のように話す。

「私たちは感染症の専門家と一緒に取り組んでいます。施設担当者は事態収拾のために先頭を走ってくれています。そして、コロナウイルス収束後の新たな形を確立するためには、多くの役職を見直す必要があると思っています」

「私たちの場合、施設衛生管理者(Facility Hygiene Officer)という役職を直ちに新設する予定です」

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/05/04/Franchises/Sanitation.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中