学生アスリートの卒業延期に関する規則と意思決定①

NCAAは、学生アスリートがNCAA主催の大会に参加できる期間を明確に定めている(ディビジョン1の場合は、5年間)。

つまり、今年5年目のシーズンを迎えた学生は、今シーズンを最後にカレッジスポーツから引退し、次のキャリアを始めることになっていたのだ。

ところが、コロナウイルスの影響で、そのシーズンが途中で中止となってしまった。今シーズンにかけていた学生は、やりきれない思いでいっぱいだろう。

そこでNCAAは、先月30日、「今年が最終年だった学生に、2021年シーズンも参加することを認める」と発表した。

なお、この特例が適用されるのは、コロナウイルスの影響を直接受けた野球、ソフトボール、ゴルフ、ラクロス、バレーボールなどのいわゆる「春スポーツ」。アメリカンフットボールやバスケットボールなどの「秋スポーツ」「冬スポーツ」には適用されない。

学生のことを考えれば、当然の措置のようにも思えるが、実情はそう単純ではない。

たとえば、ウィスコンシン大学はこの特例に申請しないことを発表している。

では、この特例は具体的にどのような影響を各大学に及ぼすのか。ウィスコンシン大学はなぜ申請しないことを決めたのか。それは明日の投稿で解説します。

参考文献:
https://www.espn.com/college-sports/story/_/id/29017965/wisconsin-bring-back-seniors-spring-sports-next-year
https://madison.com/wsj/sports/college/wisconsin-badgers-seniors-wont-return-to-spring-sports-in-2021-athletic-department-says/article_32a85306-19dc-5969-9a61-d6608992eea4.html

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“学生アスリートの卒業延期に関する規則と意思決定①” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中