NCAA、学生アスリートのエンドースメント契約に関する新ルール

今週8日、NCAAはYouTubeチャンネルにインタビュー動画を投稿した。

このなかで、NCAAのケビン・レノン氏は、学生アスリートのエンドースメント契約解禁に関する進捗状況について説明した。

NCAAは、昨年10月に委員会を設置し、2021年1月までに新規則を制定する予定で動いている

インタビューの中でレノン氏は、新規約の草案をNCAA関係者に共有する段階まできたことを明らかにした。

さらに同氏は「我々の提案が、しっかりとしたもので、攻めた内容であることに驚く人もいるかもしれません」と話した。

「気を付けなければいけないのは、『お金を儲けるためにプレーする』という形にならないようにすることです。大学と学生の関係がまるで『雇用主と従業員』という関係になってはいけません」

レノン氏によれば、草案は今週中にも関係者に共有され、来週16日にネット会議で議論する予定だという。

参考文献:
https://sports.yahoo.com/ncaa-official-says-some-will-be-surprised-by-robust-name-image-and-likeness-changes-coming-192537496.html

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中