ファン対応用のAI開発

コロナウイルスの影響で試合の中止や延期が相次ぐなか、スポーツチームにはファンからの問い合わせが押し寄せている。

会場は安全なのか、チケットの払い戻しはあるのか、どの日に延期されるのか。

各チームは限られたスタッフで、そういった問い合わせに対応しなくてはならない。

その労力を少しでも軽減するために、Satisfi Labs社はファン対応用のAIを開発している。

Satisfi Labs社は同社が開発するAIに、何百というコロナウイルス関連の質問を読み込み、ファンからの問い合わせに自動で対応できるようにした。

Satisfi Labs社は、MLBを初め、100を超えるスポーツ組織と業務提携を結んでおり、スポーツの現場への導入が現在検討されている。

同社CEOのドン・ホワイト氏は「NBAなどが試合を中止し、これから払い戻しに関する質問が押し寄せてくると思います」と言う。「『いつ再開するのか』、『手元にあるチケットはどうすればいいのか』そういった質問が何千と来るでしょう」。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/03/23/In-Depth/Satisfi.aspx
https://satisfilabs.com/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中