コロナウイルスの影響:カレッジスポーツのケース

コロナウイルスの影響で様々なスポーツイベントが中止になったが、アメリカのスポーツファンが最も残念に思ったのは、カレッジ・バスケットボールの全米選手権「マーチ・マッドネス」かもしれない。

マーチ・マッドネスはカレッジスポーツ屈指の人気コンテンツで、その総売上は8億ドル(約880億円)とも言われている。

NCAAは保険に加入しており、一部の損失はカバーされるというが、その額は2.5億ドルほどになるという。

バスケットボール以外のスポーツイベントも中止になっており、主要な体育局の収入は全体で10%~30%減る見込みだという。

大きな体育局になると年間総収入は2億ドルにも達するため、10%でも2000万ドルの損失ということになる。

一方で、体育局長によれば、最終的な経済的損失を予測するには時期尚早で、現時点では様々なパターンに対応する準備をしなくてはならないという。

オクラホマ大学のジョー・カスティリオーネ体育局長は、総収入の損失が「10%だった場合」「20%だった場合」「35%だった場合」「50%だった場合」の4パターンを想定し、それぞれの対処法を練っているという。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/03/23/Sports-and-Society/CollegeADsCV.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中