コロナウイルス、eスポーツには好機?

コロナウイルスの影響であらゆるスポーツイベントが中止になるなか、「スポーツを生で観戦したい」というニーズは日に日に高まっている。

NFLやNBAは過去の試合を無料で見られるサービスを始めたが、過去の試合には「何が起こるかわからない」というスポーツ特有のドラマ性はない。

そんななか、「この状況はひょっとするとeスポーツにとってチャンスなのでは?」という声が上がっている。

eスポーツは、選手が直接会わなくても対戦できる。もともと、イベント会場で生観戦するよりもネット上(Twitchなど)での観戦が一般的なエンターテインメントである。

Overwatch Leagueコミッショナーのピート・ブラステリカ氏は「私はスポーツが大好きでスポーツが恋しいので、この状況を楽しんでいるとはとても言えません」と言う。「しかし、ウイルスの流行を抑え込むなかで、Overwatch LeagueやCall of Duty Leagueが人々に興奮とエンターテインメントを提供できるというのはいいことです」

とはいえ、話は単純ではない。eスポーツ団体や選手のなかには中国に拠点を置くものも多く、コロナウイルスの影響を真っ先に受けることになった。

また、いくつかのeスポーツ団体は「ネット中継中心のビジネスモデル」から「各チームがホームタウンを持ち、生観戦に重点を置くビジネスモデル」への変革に取り組んでおり、ネット中継だけを行うというのはこの変革に逆行することになる。

Overwatch Leagueのサンフランシスコ・ショックを所有するアンディ・ミラー氏は、生観戦のイベントを中止し、ネット中継に集中することは「地元のマーケットを開拓する努力に逆行する」とコメントしている。

一方で、ミラー氏によれば、Overwatch Leagueは、この機会にゲーム好きだけでなくスポーツ好きにアプローチしていく計画を進めているという。

ある調査によれば、先週、アメリカでテレビゲームをする時間は75%増え、ある韓国のeスポーツリーグは試合の視聴時間が42%増えたという。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/03/23/Sports-and-Society/EsportsCV.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中