コロナウイルスによる経済的損失:NBAのケース

NBAは先週11日に、公式戦の中断を発表した。

再開の見通しはまだ立っていないが、このまま試合が中止扱いになった場合、どの程度の経済的損失があるのだろうか?

Sports Business Journalが行った調査によれば、今週19日までに、リーグ全体で8600万~1億8500万ドル(約92億~198億円)の損失が予測されるという。

その内訳は以下の通り。

・チケット販売の機会損失:平均100万~250万ドル(約1億~2.7億円)。チームによっては(ロサンゼルス・レイカーズなど)、300万~400万ドルの損失を被る場合も。

・その他の機会損失:飲食、駐車場、グッズ販売などの売上が一試合あたり50万~75万ドル(約5300万~8000万円)。

繰り返しになるが、これは今週19日までの数字である。

6月のNBAファイナルまでは数多くの試合が予定されていたため、経済的損失は今後も膨らんでいくことになる。

参考文献:
https://www.nba.com/article/2020/03/11/coronavirus-pandemic-causes-nba-suspend-season
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/03/16/Leagues-and-Governing-Bodies/NBA-revenue.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中