コロナウイルスで試合中止、保険は効く?

コロナウイルスの影響で、中止となるスポーツイベントが北米でも出てきている。

この場合、チケットやグッズの収入はゼロになり、試合中継もなくなってしまう(放映権契約の違反となる)。

こういった事態に備えて多くのスポーツ組織は保険に加入している。

通常、そういった保険には「イベント中止補償」という内容が含まれるが、その内容は様々で、対象外となるケースが付記されることも多いという。

弁護士のミカエル・ホイットマン氏は「コロナウイルスを『疾患』と捉えるか『ウイルス』と捉えるかで補償内容が変わってくることもあるでしょう。本当にケースバイケースになると思います」と言う。

日本では無観客試合が多く開催されているが、弁護士のティム・ブラウン氏によれば、これも一つの手だという。

「放映権契約に観客数に関する内容が含まれることはないので、仮に無観客試合を中継したとしても、契約違反にはあたらないでしょう」とブラウン氏。

試合中継さえ継続していれば、放映権料と広告収入は確保できる。北米では、放映権料収入がチケット収入やスポンサー収入よりもはるかに大きい。まずは、これを確保しようと無観客試合を実施するリーグが現れてもおかしくない。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/03/09/Events-and-Attractions/Coronavirus-insurance.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中