Amazonのユニークなスポーツ中継戦略③

以前の投稿でも説明した通り、2019年にAmazonは、ニューヨーク・ヤンキースの地方中継を担当するテレビ局YES Networkのオーナーグループに加わった

そして今日、Amazonは、ヤンキースの公式戦21試合をPrime Video上でネット中継すると発表した。これは初めての試みだ。

プライム会員であれば無料で視聴することが可能だが、地理的な制約がある。

具体的には、ヤンキースのマーケットであるニューヨーク州、コネチカット州、ペンシルベニア州の北東部、そしてニュージャージー州の一部でのみ観戦することができる。

番組制作はYES Networkが担当し、Amazon以外にも複数テレビ局が同時に試合を中継するという。

Prime Video独自の仕掛けもある。Amazonの「X-Ray」と呼ばれる技術を活用し、試合を見ながらスタッツや選手情報を見ることができる。

Amazonのドノヒュー氏は「私たちはプライム会員に出来るだけ様々なコンテンツを、様々なデバイスを通じて提供したいと思っています。この試みは、他のローカルテレビ局、そしてヤンキースという最も愛されているスポーツチームと協働する機会となります」とコメントした。

参考文献:
https://www.geekwire.com/2020/amazon-inks-deal-stream-new-york-yankees-baseball-games-prime-video/
https://variety.com/2020/digital/news/amazon-prime-video-21-yankees-games-1203522258/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中