Amazonのユニークなスポーツ中継戦略②

従来のスポーツ放映権ビジネスのモデルをAmazonに当てはめようとすると理解できないことが多い。

たとえば、2018年にAmazonがプレミアリーグの試合を中継した際は、プライム会員限定であった。

一方で、NFLの試合を中継する際には、Amazonプライムだけでなく、Twitch(Amazonが保有するもう一つのネット中継プラットフォーム。主にeスポーツの中継に使われる)、そして2つのテレビ局(FoxとNFL Network)が同時に中継している。

果たして、Amazonはスポーツ放映権を独占したいのか、それとも共有したいのか。

「皆さんを混乱させてしまっているようですね」

そう言うのは、Amazonでスポーツ中継を担当するマリー・ドノヒュー氏。

「我々は、他のどのネット中継業者とも違います。放映権を何でもかんでも買おうという方針ではありません」

「Amazonプライムは会員制サービスです。会員になることで特典がもらえる。『スポーツ中継が見られる』というのも特典の一つなのです」

つまり、Amazonはスポーツ中継を通して収益を上げようとしているわけでも、マーケットシェアを競っているわけでもないのだ。

いくら人気の高いスポーツコンテンツであっても、プライム会員にとって魅力的な特典とならなければ手を出さない。それが意思決定の基準なのである。

この観点から、Amazonが結んだ契約(NFLやプレミアリーグなど)と見送った契約(PGA Tourなど)を分析してみると、ユニークな知見が得られるかもしれない。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/02/24/Media/Sports-media.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中