NBA、テレビ視聴率低調

今週18日にオールスターを開催したNBA。今シーズン前半戦のテレビ視聴率が明らかになった。

(なお、アメリカでは視聴率を示すときに視聴人数が使われるため、日本の視聴率とは数字の意味合いが異なります。たとえば「10%減」というのは「視聴した人の数が10%減った」ということを意味します)。

まず、地方中継は、リーグ全体で前年比13%減。

チーム別に見ると、13チームが前年よりも改善していたが、別の13チームが前年比で19%以上の下落を経験しており、落ち込みの激しいチームがリーグ平均を押し下げている印象だ。

次に、全国中継の視聴率は、ABCが16%ダウン、ESPNが10%ダウン、そしてTNTが13%ダウンであった。

全国中継の視聴率に最も悪影響を及ぼしたのが、ゴールデンステート・ウォーリアーズの不調だ。

過去5年間で3度リーグ制覇をしているウォーリアーズは、ここ数年、最も視聴率が取れるNBAチームであった。

しかし今シーズンは、ステフィン・カリーの離脱やケヴィン・デュラントの移籍などが響き、ここまでリーグワーストの12勝43敗。

その結果、今シーズンの視聴率は前年比で66%下がった。

過去のデータから「ウォーリアーズの試合がキラーコンテンツだ」と踏んでいた各局は、同チームの試合中継をいくつも組んでおり、それが痛手となっている。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/02/17/Ratings-and-Research/NBA-ratings.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中