歴史的なスタジアムとネーミングライツ①

アメリカには、歴史的に重要な意味合いを持つスタジアム・アリーナがあり、それらには企業名がついていない。

しかし、ここ数年、そういったスタジアムの名称を変更する権利(ネーミングライツ)を企業に販売する動きが顕著になっている。

こうしたスタジアムの場合、一般的な認知度が高く、市民の愛着も強い。したがって、ネーミングライツの価値も高くなる。

しかし、経済的な価値だけを求めて契約を結ぶのは危険である。スタジアムに強い愛着を持つ市民の反発を招きかねないからだ。

失敗例がある。

1923年の設立以来、ロサンゼルス・メモリアル・コロシアムという名で親しまれていたスタジアムは、2017年にユナイテッド・エアラインズ・メモリアル・コロシアムと名前を変えた。

この契約によって、同スタジアムを所有する南カリフォルニア大学はユナイテッド・エアラインズから16年間で6900万ドルを受け取る権利を手に入れた。

ところが、この名称変更に反発が起こった。

同スタジアムの名称は、第一次世界大戦で犠牲になった兵士を追悼する意味があり(英語のメモリアル[memorial]には「追悼、慰霊」といった意味がある)、それを企業名に変更することは受け入れがたいというのだ。

この反発の結果、南カリフォルニア大学とユナイテッド・エアラインズの契約内容は変更され、スタジアム名は元の状態に戻った。

そして、ユナイテッド・エアラインズはスタジアム全体ではなく、選手がプレーするフィールドのネーミングライツを保有することとなった。

このように、歴史的なスタジアムのネーミングライツを販売する際には、通常よりも気を遣う必要がある。

では、具体的にはどのような契約にすればいいのか。明日は、現在進行している案件について紹介します。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/02/17/Facilities/Naming-rights.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中