ジェッツの「ファン・フェイバリッツ・プライシング」

ウィニペグ・ジェッツは、飲食(ビール、ポップコーン、ピザなど)の価格を平均で30%下げることを発表した。

ジェッツはこれを「ファン・フェイバリッツ・プライシング(Fan Favorites Pricing)」と呼んでいる。

数年前にメルセデスベンツ・スタジアムで導入された「ファン・ファースト・プライシング」を連想する人もいるかもしれない。

今回の値下げ幅は小さめだが、「飲食を安くすることで観戦価値を上げる」という意図は同じである。

今回の値下げに関して、コンセッション管理会社のケビンドネリー氏は「ファンがずっと要望していたことです。他チームや他リーグを見ても同様の例はいくつもありますし、今やるべきだと思いました」と言う。

参考文献:
https://winnipegsun.com/news/news-news/true-north-dropping-prices-for-popular-concession-items

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中