NFLと社会問題に関するCM

NFLのプレーオフが佳境を迎えている。

先週末にカンファレンス・チャンピオンシップが行われ、あとは2月2日に開催されるスーパーボウルを残すのみとなった。

そんななか、先週の試合中継で流れたあるCMが話題となっている。

それは、2015年にフロリダ州で起こった、警察官による黒人男性射殺事件に関する映像である。

事件で犠牲となったコーリー・ジョーンズさんのいとこである元NFL選手のアンクワン・ ボールディン氏のナレーションでCMは始まり、事件の再現映像、そして事件後にNFL選手たちがとった行動などが映し出される。

これはNFLが2019年に立ち上げた「Inspire Change」というプログラムのCMである。

Inspire Changeは、社会にポジティブな変化をもたらすことが目的で、主に「教育・経済的発展」、「警察とコミュニティの関係改善」、「刑事司法の構造改革」に重きが置かれている。

NFLと社会問題と言えば、2016年にコリン・キャパニック氏が始めた抗議運動を思い出される人も多いだろう。

当時、NFLはキャパニック氏の行動を積極的に支持することを避けたため、社会問題解決に対して消極的なイメージが浸透してしまった。

このInspire Changeにはそんなイメージを払拭する狙いがある。

NFLはこのCMをスーパーボウルの中継でも流す予定だが、NFLのファンには警察に理解を示す保守的な層も多く、そういったファンはこのCMを見たときに良い思いはしないだろう。

また、今年のスーパーボウルは、大統領選に出馬しているマイケル・ブルームバーグ氏とトランプ大統領が自身の選挙CMを流すことも明らかになっている。

例年にも増して社会的・政治的なメッセージが多いスーパーボウルとなりそうだ。

参考文献:
https://adage.com/article/special-report-super-bowl/nfl-takes-police-shootings-black-men-new-ad/2228616
https://operations.nfl.com/football-ops/economic-social-impact/inspire-change/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中