2019年視聴率ランキングトップ100、スポーツが9割を占める

2019年に放送されたすべてのテレビ番組の視聴率が明らかになった。

それによれば、トップ100のうち実に92がスポーツ中継であったという(ちなみに2018年は88、2017年は81がスポーツ中継)。

92番組の内訳は、NFL中継が78、NBA中継が2、MLB中継が2、カレッジ・フットボールが5、カレッジ・バスケットボールが3、ケンタッキーダービーが1、そしてFIFA女子ワールドカップが1であった。

視聴率トップ10に注目すると、9位に入った「アカデミー賞授賞式」を除くすべてをNFLが独占した。第1位はスーパーボウルで、9800万人以上が視聴したという。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2020/01/13/Ratings-and-Research/Top-100.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“2019年視聴率ランキングトップ100、スポーツが9割を占める” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中