Dr. McLeodインタビュー⑧メジャーリーグラグビー

Q. メジャーリーグラグビーとはどのようなリーグなのでしょうか。

A. メジャーリーグラグビーは、色々な意味でプロ・ラグビーとは一線を画したリーグです。

たとえば、プロ・ラグビーはシングルエンティティと呼ばれるリーグシステムを採用し、リーグ主導で全5チームを新設しました。

一方で、メジャーリーグラグビーは、チームを1からつくるのではなく、ほとんどのチームがすでにあったラグビーチームを活用する形で始まりました。

一番有名なところでいうと、グレンデール・ラプターズ(現コロラド・ラプターズ)があります。

グレンデールは、アメリカのなかでは歴史のあるラグビークラブで、ラグビー専用スタジアムも持っています。

また、市長が「グレンデールをラグビーの町に」ということで、ラグビーをプレーする環境整備に力を入れています。

Q. 当時すでにあったチームと言うのは、プロチームではなかったわけですよね?

A. はい、チームが所属選手に住居を提供したり、就職先を斡旋したり、といったことはありましたが、チームと選手との間に雇用関係はありませんでした。

実はラグビーというスポーツは少し特殊で、他のどのスポーツよりもプロ化することを拒んだスポーツなんですよ。

最初のプロ選手が誕生したのは1995年。野球なんて100年以上前にプロ化していますよ。

そして、ラグビーがプロ化を拒み続けたことには、非常に興味深い文化的な背景があるんです。

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中