ビール男がもたらした広告効果

ワシントンDC在住のジェフ・アダムスさんは一夜にして有名人になった。

アダムスさんを有名にしたのは、ワールドシリーズ第5戦。外野席で観戦していたアダムスさんに向かってボールが飛んできた。

その時、両手にビールを持っていたアダムスさんはそれを手放すことなく、胸でホームランボールを受け止めた。

この様子はテレビで全国に中継され、それを見ていたアメリカ中の人々がすぐさま「あのビールのやつは誰だ!」とSNS上で話題にした。そして次の日には、多くのテレビ番組がこの映像を取り上げた。

アダムスさんが両手に持っていたBud Lightは、この一連の出来事によって、大きな広告効果を得た。Bud Lightは「この人はヒーローだ。彼を表彰したいので、誰か彼の情報をください」とツイッターに投稿した。

その後、アダムスさんとのコンタクトに成功したBud Lightは、すぐさま彼を起用したコマーシャルを作成し、彼をヒューストンで行われたワールドシリーズ第6戦に無料招待。なんと彼のTシャツまで製作した。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/11/18/Media/Bud-Light.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中