LAVA、プロスポーツ界に浸透中

現在アメリカでは、LAVAを導入するプロスポーツチームが増加している。NFLではデンバー・ブロンコスなど、NBAではサクラメント・キングスなど、MLSではLAギャラクシーなどがLAVAを活用している。

LAVAは、スタジアム中のコンセッション情報をリアルタイムで収集・分析するソフトウェアである。

たとえば、繁盛しているコンセッションと閑散としているコンセッションを特定することでスタッフの再配置に役立てたり、不足しつつある商品を見つけることで売り切れる前に補充したり、といったことを可能にする。

LAVAが提供するデータは、試合中のプロモーションにも生かすことができる。

たとえば、試合終盤に差し掛かった段階で、多くのホットドッグが売れ残っていることがわかれば、「1個買ったら1個無料」のような割引ができる。このようなシンプルなプロモーションならば、LAVAのデータを見てから数分で実行可能だという。

ロサンゼルスFCは、最近LAVAを導入したチームの一つである。
同チームのクリスチャン・ラウ氏は「LAVAを活用することで、携帯電話からデータを獲得し、それを運営上の変更に生かすことができます。これは大きいです。より迅速な対応ができています」と言う。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/11/11/Technology/LAVA.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中