MLB、マイナーリーグの構造改革を検討①

MLBとマイナーリーグ(MiLB)の関係は、両リーグが署名した契約に基づいている。

たとえば、MLBチームと傘下のMiLBチームは、選手の行き来はあるものの、別々の組織であり、オーナーも異なることが珍しくない(ここが日本の一軍・二軍の関係性と大きく異なる点だ)。

MLBチームは傘下のマイナーリーグ選手の給料も払う義務があるが、その代わりMiLBチームのオーナーには選手獲得の決定権は与えられない。

これらはすべて現行の契約に基づいている。その契約が来年9月に失効する。

MLBは、このタイミングでマイナーリーグの在り方について再考しようと、一年以上をかけて、マイナーリーグの施設、遠征、宿泊先、その他の労働環境に関する調査を行った。

そして、今月、いくつかの構造改革案をマイナーリーグ側に提案した。

これまで報道によって明らかにされている改革案は以下の通り。
・マイナーリーグのなかでも下位に位置するリーグ(シングルAやショートシーズンリーグ)を一つにまとめて「ドリームリーグ」を新設する。
・ドリームリーグのチームは、MLBとMiLBが共同で所有・運営する(現在のように各チームにオーナーがいる、という形はとらない)。
・ドラフトで指名できる人数を半減させる。
・マイナーリーグに所属するチームを全体で40チーム減らす。
・レベニューシェアもしくは税制度を導入する(裕福なチームの収益を貧しいチームに流す)。

もしMLBの改革案が採用されれば、相当数(1400人近く)のマイナーリーグ選手が解雇されることになるという。

マイナーリーグのオーナーからは不安の声が上がり、法的措置を検討しているオーナーもいるという。

では、なぜそのような大幅な構造改革が必要なのか。その背景については、明日の投稿で解説します。

参考文献:
https://www.nytimes.com/2019/10/18/sports/baseball/minor-league-changes.html

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“MLB、マイナーリーグの構造改革を検討①” への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中