マーク・キューバン氏「eスポーツチームのオーナーは『ひどいビジネス』」

ダラス・マーベリックスのオーナーとして有名なマーク・キューバン氏は、NBA2Kリーグのマブス・ゲーミングというプロeスポーツチームのオーナーも務める。

そのキューバン氏が、先週放送されたインタビュー番組のなかで、「アメリカにおけるプロeスポーツチームのオーナーはひどいビジネスだ」と語った。

キューバン氏は以下のように続けた。

「世界全体で見ればいいビジネスです。成長もしています。しかしアメリカ国内に関して言えば、eスポーツチームのオーナーというのは、ひどいビジネスです」。

「eスポーツに投資した人の多くは、ヨーロッパやアジアでの視聴者数とアメリカ国内の視聴者数に大きな開きがあることを十分に理解していなかったように思います」。

「アジアにはお金があります。韓国や中国ではたくさんのお金が動いています。じゃあアメリカではどうか。あまりないんですよ」。

ここ数年、アメリカでは多くの投資家がeスポーツに投資をしてきた。しかし、実際にeスポーツチームが放映権やスポンサーシップから上げる収益は、投資家が期待するレベルに達していない。

この状況が続けば、投資家が離れ、アメリカ国内のeスポーツ市場も収縮しかねない。

参考文献:
https://www.dallasnews.com/business/entrepreneurs/2019/10/24/mark-cuban-owning-an-esports-team-in-the-us-is-an-awful-business/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中