フロリダ州知事、学生アスリートに関する新法を支持

今日24日、フロリダ州のロン・ディサンティス知事は、フロリダ州の大学に所属する学生アスリートが収益を得ることを認める新法を支持する意向を示した。

同様の法律は、先月末、カリフォルニア州がいち早く成立させているが、近々これにフロリダ州が続くかもしれない。

ディサンティス知事は「カリフォルニアは第一歩を踏み出しました。もしフロリダが続けば大きな意味を持ちます。カレッジスポーツの巨大勢力とも言える2州ですから。NCAAは従来のシステムを見直さざる得なくなるでしょう」と語った。

フロリダ州議会ではすでに共和党・民主党どちらからも法案が提出されている。

たとえば、民主党議員が提出した法案はカリフォルニア州で成立した法律を基に作成されており、学生アスリートにエンドースメント契約を結ぶことを許可する内容となっている。

一方で、カリフォルニア州の新法が2023年から施行となっているのに対し、フロリダ州は2020年施行を目指すことも明らかにされた。

これにより、NCAAはこの問題への対応を早急に決定する必要性が出てきた。

なお、他にも、ジョージア州、ミネソタ州、イリノイ州、ニューヨーク州、サウスカロライナ州といった州で同様の法案が検討されている。

アメリカのカレッジスポーツは今大きな節目を迎えている。

参考文献:
https://www.sfchronicle.com/news/education/article/Florida-considers-allowing-college-athletes-to-14559229.php
https://www.winknews.com/2019/10/24/florida-governor-ron-desantis-backs-letting-college-athletes-cash-in/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“フロリダ州知事、学生アスリートに関する新法を支持” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中