NBAと香港デモを巡る論争①

開幕戦を2週間後に控えるNBAが大きな論争の渦中にいる。

事の発端は今月4日。ヒューストン・ロケッツのGM、Daryl Morey氏が「Fight for Freedom. Stand with Hong Kong.(自由のための戦い。香港とともに)」というメッセージをツイッターに投稿した(現在は削除されている)。

これに対してすぐさま中国政府が不快感を示した。ヒューストンの中国領事館は声明文を発表し「強い失望」を伝えた。

これに中国企業も同調。多くのスポンサー企業や放送局が、ロケッツとの関係を切る方針を示した。

NBAのデジタルパートナーであるテンセントはロケッツとの取引を一時凍結。中国のテレビ局CCTVは、予定されていたロケッツのプレシーズンゲームの放送を一切中止した。

ニューヨーク・タイムズの報道によれば、今回の騒動によって、ロケッツには250万ドルの損失が出る見込みだという。

しかしこの論争の影響は、ロケッツのビジネスに留まらなかった。

つづく。

参考文献:
https://www.cbssports.com/nba/news/nba-china-issue-latest-news-resulting-from-daryl-moreys-hong-kong-tweet-what-it-means-for-the-league/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中