Rule 40とは何か?③

今年2月、ドイツの連邦カルテル庁は「Rule 40はアスリートの権利を不当に制限している」という決定を下した。

これを受けて、IOCは、Rule 40の運用を各国のオリンピック委員会に委ねると発表した。「世界中のアスリートを一律に管理するのは難しいので、各国で臨機応変にやってください」ということだ。

そして、今週8日、アメリカのオリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は、Rule 40に関する独自の新基準を発表した。

これによれば、アメリカ代表選手は、オリンピック期間中でも、個人スポンサーに対する御礼コメントをSNSに投稿することが許され、また、スポンサー側もアスリートを祝福するコメントを投稿することができるようになるという。

ロンドンオリンピックで抗議行動を起こしたアスリートたちの願いが叶った瞬間である。

しかし、そのようなSNSの使い方をする場合、アスリートは予めUSOPCに申告し、スポンサー企業はUSOPCが作成した誓約書に署名することが義務付けられる。

誓約書の詳細は明らかになっていないが、オフィシャルスポンサーの権利を侵害しないよう、禁止事項が細かに定められるという。

すべてを契約ベースにすることでグレーゾーンをなくす、というのはアメリカらしいと言えるかもしれない。

新ルールが適用されるのは、2020年東京オリンピック開幕の10日前から。ルール違反が見つかった場合、その選手のオリンピック出場権が剥奪される可能性もあるという。

今回の決定について、USOPCのCEOであるSarah Hirshland氏は「Rule 40を尊重し、オフィシャルスポンサーの価値も守りつつ、アスリートたちにより多くのマーケティング機会を提供する。そのようなルールをつくることを心掛けました」と語る。

今後、JOCを初め、他国のオリンピック委員会が同様の決定を下すか、注目である。

参考文献:
https://www.insidethegames.biz/articles/1076055/german-decision-scales-back-powers-of-iocs-rule-40
https://www.wsj.com/articles/u-s-olympic-leaders-relax-marketing-rules-for-athletes-11570550581

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中