カリフォルニア州知事、学生アスリートに関する新法に署名

今日、カリフォルニア州知事のGavin Newsom氏は「Fair Pay to Play Act」に署名した。

Fair Pay to Play Actは、今月11日にカリフォルニア州議会が可決した法案で、カリフォルニア州の大学に通う学生アスリートにエンドースメント契約を結ぶ権利を保証する。なお、施行は2023年からになる。

アメリカでは、学生アスリートが収入を得ることが固く禁じられてきたが、大きな転換期を迎えることになる。

今回の署名に関してもう一つ興味深かったのは、Newsom知事が署名する様子をドキュメンタリー番組のように演出したことだ。

署名の様子が公開されたのは、レブロン・ジェームスが管理する「The Uninterrupted」というメディア。レブロンが待つ部屋にカジュアルな服装で現れたNewsom知事は、以下のように語った。

「これですべて解決とはならないが、NCAAにとって大きな問題となるだろう。今後、何十という州が同様の法律を成立させる。カレッジスポーツはより良い方向に向かうはずだ。我々は今、従来のパワーバランスを崩したんだ」。

これを受け、NCAAは「残念ながら、この新法はすでに大きな混乱をもたらしてしまっている。その影響はカリフォルニア州に留まらない」という声明を発表した。

Fair Pay to Play Actがカリフォルニア州議会を通過した際には、「カリフォルニア州の全大学から、NCAAの大会に出場する権利を剥奪する」という方針を示したが、今回はそのような具体的な対処については言及しなかった。

参考文献:
https://www.espn.com/college-sports/story/_/id/27735933/california-defies-ncaa-gov-gavin-newsom-signs-law-fair-pay-play-act
https://www.ncaa.org/about/resources/media-center/news/ncaa-statement-gov-newsom-signing-sb-206?fbclid=IwAR3dtduXDpcS_BPB9nmtaC8K5GZKG1-cXe_BQZnRjs8P_nhVcUZlQtdoNmg

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“カリフォルニア州知事、学生アスリートに関する新法に署名” への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中