大学オリジナルビールはカレッジスポーツの次のトレンド?

ノースカロライナ州立大学のオリジナルビール「Old Tuffy」が州内1400か所で飛ぶように売れている。

「スーパーで売り切れになっているのをよく目にしますよ」。同大学マーケティング担当者のBrad Bohlander氏は言う。

今年7月、ノースカロライナ州立大学はNew Belgium Brewingと5年間のパートナー契約を結んだ。

この契約の目的は「同大学が持つ発酵研究所をさらに発展させること」とされるが、最も注目を集めたのはオリジナルビールの製造だ。

New Belgium Brewingは、ノースカロライナ州立大学のマスコットTuffyをパッケージに使用する権利を獲得し、新製品の名前も同マスコットに因んだものとした。

同社は毎年決まった金額とOld Tuffyの売り上げの一部を大学側に収めることになっている。

ノースカロライナ州立大学のように、オリジナルビールを販売する大学は現在11校あるが、そのほとんどがここ数年の間に始まったものだ。

先日の投稿で解説した通り、現在アメリカではカレッジスポーツでビールを販売する大学が増加している。

オリジナルビールの消費は、ユニークな観戦経験の一部となるとともに、その売り上げを通して大学に貢献することもできる。

ノースカロライナ州立大学のアメリカンフットボール本拠地開幕戦では、1万2265本のビールが消費されたが、その42%がOld Tuffyだったという。

カレッジスポーツ界で急速に広がるビールビジネス。その次の局面が、オリジナルビールの製造・販売なのではないかと業界関係者は見ている。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/09/23/Colleges/Beer.aspx
https://news.ncsu.edu/2019/07/new-belgium-partnership/
https://www.newsobserver.com/sports/college/acc/nc-state/article233549307.html
https://www.newsobserver.com/living/article233537537.html

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中