ESPN、「Dog Day」を放送

8月24日、ESPNは「Dog Day」という特番を組み、犬のアジリティやプール飛び込みの大会を放送した。このような犬のイベントをESPNが中継するのは初めて。

この大会は、コネチカット州ブリストルにあるESPNの巨大スポーツ施設で開催され、その模様はESPN2(テレビ中継)とESPN App(ネット中継)で中継された。

試合中継に加え、ESPNの名物コーナー「SportsCenter Top 10」のパロディーコーナーも設け、犬の珍プレー・好プレーをランキング形式で発表した。

この企画をESPNに持ち込んだのは、犬の血統書を発行しているAmerican Kennel Club(AKC)という団体。ここで働くRon Furman 氏は、以前NFLの放映権やスポンサーシップの営業をしており、経験と人脈があった。

Furman氏が今年3月ESPNに企画を持ち込んだ際に強調したのは以下の数点。
・犬を飼っている人は全米で延べ7200万人。これはスポーツファンの数よりも多い(四大リーグの熱狂的なファンは全米で2500万人)。
・AKCは500万人以上のSNSフォロワーがおり、昨年にはネット中継のプラットフォームAKC.TVも立ち上げた。
・AKCが主催するイベント参加者の65%は女性。女性はESPNが注力するマーケットの一つ。
・これらから、Dog DayはESPNに顧客ベース拡大の機会を与える。

ESPNのCliff Shoemaker氏は「社内で話をするたびに支持者は広がっていきました。これが犬の力なのでしょう」と言う(ちなみに本人は犬アレルギー持ち)。

広告代理店CSM社の Charlie Severn氏は「スポーツと違い、特定のチームを応援するわけではありません。みんな犬が大好き。これはマーケティング上重要なことです」。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/09/16/Marketing-and-Sponsorship/Marketing-and-Sponsorship.aspx
https://www.espnfrontrow.com/2018/06/enjoy-a-birds-eye-tour-of-espns-bristol-campus/

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中