ロイヤルズ売却③ 経済的価値

前回の投稿で説明した通り、今回のロイヤルズ買収は社会的価値に依るところが大きいと考えられる。

しかし、社会的価値だけがチームの価値ではない。今回は「経済的価値」を検討したい。

プロスポーツチームの収入源は、チケット収入、放映権収入、スポンサー収入、グッズ収入の4つに大別される。これらの収入が拡大し、チーム全体の収益が向上すれば経済的価値が大きくなる。

ちなみに、北米メジャーリーグの場合、最も大きな収入源は放映権収入である。

テレビ中継には全国中継と地方中継があり、MLBの場合、全国中継の放映権はリーグが契約を結び、その契約料を30球団に分配する。

つまり、たとえ自チームが低迷していても、リーグが大きな契約を結べば、ある程度の放映権収入が確保できるのだ。

実際、MLBの全国中継放映権料は増加傾向にある。たとえば、Foxとは昨年7年51億ドルの契約を結んだ。これは前回の契約(8年42億ドル)から大きな成長だ。

さらに、MLBはネット中継にも積極的で、昨年DAZNと3年3億ドルの契約を結んだ。これは以前にはなかった全く新しい収入源だ。

もう一つ言及すべきは、スポンサー収入。

数か月前、MLBがユニフォームスポンサーシップの導入を検討していることが明らかになった。これが実現されれば、チームにとって巨大な収入源が新たに生まれることになる。

これらの事柄を総合すると、ロイヤルズがいかに低迷し、チケット・グッズの売れ行きが悪くなっても、チームの収入自体は拡大する可能性が大いにあることがわかる。

したがって、Sherman氏はロイヤルズの経済的価値も高く評価していたのではないかと推測される。

参考文献:
https://www.pwc.com/us/en/industry/entertainment-media/assets/2018-sports-outlook.pdf
https://www.nytimes.com/2018/11/15/sports/mlb-fox-tv-deal.html
https://www.forbes.com/sites/maurybrown/2019/01/30/espn-in-negotiations-to-extend-mlb-media-rights/#569d8b506e61
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2018/11/19/Media/MLB-DAZN.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中