レッドソックスの「再開試合」、18歳以下は入場無料に

8月7日に行われたボストン・レッドソックス対カンザスシティ・ロイヤルズの一戦は、4対4のまま延長戦に突入したところで雨が激しくなり「延期」となった。

日本であれば、雨天コールドとなり、引き分けで試合が終了するところだが、MLBには引き分けがない。どちらかが勝つまで試合は続く。

このように試合が途中で延期となった場合、翌日に試合が再開されることが一般的だが、今回は試合日程の関係でそれが叶わなかった。

結局、試合が再開したのは2週間後の8月21日。10回表ノーアウトから試合を始めるというなんとも珍しい興行となった。

レッドソックスはこの再開試合を、「18歳以下の観客は無料、19歳以上の観客は5ドル」にすると発表した。また、19歳以上の観客が払ったチケット代をすべてチャリティーに寄付することも明らかにした。

コンセッションでは、ホットドック、綿あめ、ポップコーン、ポテトチップスといった食べ物を一律1ドルとして、お祭り感を演出した。

その結果、一般席はほぼ満員。コンセッションでは1万本以上のホットドックが売れた。

レッドソックス会長のSam Kennedy氏は「何日も間をあけて試合を再開するようなことは、ここ50年間ありませんでした。今回の『再開試合』は、夏休み中の子どもたちに球場を開放し、同時に、チャリティーの寄付金を集めるユニークな機会となったのです」と言う。

ちなみに、試合のほうは、10回裏にレッドソックスがサヨナラ勝ち。試合再開からわずか12分後の決着であった。

試合後のイベントにはおよそ4000人の子どもたちが参加し、フィールドを駆け回った。

参考文献:
https://www.mlb.com/news/red-sox-win-suspended-game-vs-royals
https://www.mlb.com/press-release/press-release-red-sox-are-calling-all-kids-for-thursday-s-continuation-game-vs-r
https://www.boston.com/sports/boston-red-sox/2019/08/22/red-sox-royals-suspended-game-time-brock-holt

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中