NFL、スポーツ賭博への関与強める

2019年8月、NFLはSportraderと複数年の独占契約を結んだ。これによって、SportraderはNFLの公式データをギャンブル業者に供給する唯一の仲介者となる。

具体的な流れは以下の通り。

まず、Sportraderは、NFL選手の肩パットにセンサーを入れるなどしてプレー毎のデータを収集する。

そして、そのデータをリアルタイムで世界中のギャンブル業者に提供する。

Sportraderから公式データを受け取ったギャンブル業者は「どちらのチームが勝つか」というざっくりとした賭けだけでなく、「次のプレーで5ヤード進むか?」「次のプレーにおけるこの選手のトップスピードは?」といった細かな賭けも行うことができる(リーグ・仲介者・ギャンブル業者の関係に関しては以前の投稿を参照)。

NFLとSportraderは以前からすでに協力関係にあったが、これまでSportraderがNFLのデータを提供していたのはメディアに限られていた。今後、それにギャンブル業者が加わる。

この契約で、SportraderはNFLに巨額の契約金を払ったと見られるが(契約の詳細は明らかになっていない)、NFLが獲得するのは契約金だけではない。

Sportraderは、ギャンブル市場の動向を常に監視し、不穏な動きがあればすぐにNFLに報告する役割も担う。

NFLは、他のスポーツリーグに比べて賭博ビジネスに慎重であったが、これは八百長の可能性を懸念してのことであった。Sportraderとの契約は、八百長対策の意味合いもあるのである。

参考文献:
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-08-12/nfl-takes-first-major-gambling-step-with-sportradar-data-deal
https://www.legalsportsreport.com/35135/nfl-betting-deal-with-sportradar-questions-and-answers/
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/08/19/Gambling/NFL-Sportradar.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中