ミネソタ・ティンバーウルブスの新たな給与制度

ミネソタ・ティンバーウルブスは、今年からチケットセールスの給与制度を変更する。

チケットセールスは、電話やメールなどを使って試合のチケットを販売する仕事で、北米プロスポーツチームで働く多くの人が最初に経験する仕事である。

マーケティングやスポンサーシップ関連の仕事をしたいと思っても、まずはチケットセールスで結果を残さないといけない、というケースも多い。

このチケットセールスの給与は、新人の場合で、年収30,000ドル(約320万円)に満たないことが一般的である。

ところが、ティンバーウルブスが今年10月に採用する新制度では、チケットセールスの基本給は従来の25,000ドル(約260万円)から35,000ドル(約370万円)に引き上げられる。

さらに、販売したチケット売り上げの3%がこの基本給に追加される。特に優秀なスタッフにはボーナスも与えられる。

また、ここで一定の実績を残すと、「Account Executive(基本給45,000ドル)」、「Senior Account Executive(基本給55,000ドル)」、そして「Account Manager(基本給65,000ドル)」へとキャリアを積むこともできる。

この新給与制度を導入することによってチームの人経費は大きくなるが、才能ある人材を確保するためには必要であるとチームは考えている。

スポーツ業界では、セールススタッフが一人前になるのは3年目からだという見方があるが、このポジションは離職率が非常に高く、3年以上同じチームで働くセールススタッフは少ない。

したがって、才能あるスタッフをキープすることができれば、それは組織にとって有益なのである。

ティンバーウルブスのJake Vernon氏は「給与制度と労働環境の見直しは、今日の労働者が求めているものに基づいています。この新制度が、才能あるスタッフを雇い、キープし、そしてセールス目標を達成するために役立つことは間違いありません」と話す。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/07/08/Opinion/Sutton.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中