サブスクリプション・チケット⑦まとめ

先週から7日間に渡って、サブスクリプション・チケットの動向について解説してきた。最終日の今日は、これまで解説してきたことをまとめたい。

サブスクリプション・チケットは、毎月(もしくは毎年)決まった金額を支払い、好きな時に好きなだけ試合を観戦することができるチケットを指し、カレッジスポーツではオレゴン州立大学(チケット名:SQUAD)が、プロリーグではMLB(チケット名:Ballpark Pass)がいち早く導入した。

これらのサブスクリプション・チケットは若い世代を中心に広く浸透し、その影響は他のプロリーグにも及んでいる。

たとえば、NBAではサクラメント・キングス、NFLではロサンゼルス・ラムズといったチームがサブスクリプション・チケットを試している。

しかし、サブスクリプション・チケットの持つ意味合いはリーグによって異なる。

MLBの場合、試合数が多いため、「好きなときに好きなだけ行ける」という定額制エンターテインメント特有のお得感が提供できる。
特に、Netflixのような定額制エンターテインメントを好む若い世代にとってこの自由度の高さは魅力的だ。
そして、ファンの高齢化が深刻なMLBにとって、これは非常に重要である。つまり、MLBにとってサブスクリプション・チケットは、若いファンを獲得する有効な手段なのである。

一方で、年間のホームゲームが10試合にも満たないNFLの場合、サブスクリプション・チケットは「シーズンチケットのお試し版」という意味合いが強い。

そして、最もサブスクリプション・チケットの価値が不透明なのがNBA。試合数が少なく、施設収容人数・観戦スペースも限られているNBAは、若いファンの獲得にもさほど苦労していない。
リーグ関係者によれば、NBAチームがサブスクリプション・チケットをどのように使うべきかは現在試行錯誤している段階だという。

また、北米スポーツ業界関係者によれば、今後サブスクリプション・チケットの本格的導入が期待されるのはMLSで、逆にその可能性が最も薄いのはNHLであるという。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/06/17/In-Depth/Tickets.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中