MLB、ユニフォームスポンサーの導入を検討②

MLBがユニフォームスポンサーシップを導入した場合、どれほどの追加収入が望めるのだろうか。

NBAの場合、ユニフォームスポンサーシップの料金は、平均で年間700万ドル。最も大きな契約は、ゴールデンステート・ウォーリアーズが楽天と結んだ契約で、年間2000万ドルだ。

ユニフォームスポンサーシップの価値を調査してきたVan Wagner Sports & EntertainmentのKyle Folts氏によれば、MLBのほうがNBAよりも大きな契約を望めるという。

その根拠としては
① NBA(82試合)よりもMLB(162試合)のほうが試合数が多いこと
② 野球の試合のほうが静止画が多く、スポンサーのロゴを見せられる時間が長いこと
などが挙げられる。

一方で、Folts氏は試合数が2倍だから契約金も2倍とはならない、とも指摘する。

ある調査によれば、NBAの場合、ユニフォームスポンサーシップの価値の75%はSNS等でシェアされるコンテンツに依るものだという。

言い換えれば、テレビの露出がスポンサーシップの価値に与えている影響は25%以下ということになる。

したがって、テレビ以外のメディアでの露出、そして露出以外の価値を提示することが、MLBチームがスポンサーシップ営業をするうえで重要になるだろう。

また、ユニフォームスポンサーシップ導入の可否とともに今後議論されると考えられるのが、禁止されるスポンサーシップのカテゴリーである。

NBAの場合、アルコール飲料会社、賭博業者、タバコ会社、政治的な広告、Nikeの競合などがスポンサーになることは禁止されている。MLBでも同様の業種が禁止対象になる可能性は大いにある。

また、NBAではまだ実現していないが、ファンが購入するレプリカユニフォームにもスポンサーロゴをつけるかどうかも重要なポイントとなる。

この件に関しては、また進捗があり次第お伝えします。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/07/15/Leagues-and-Governing-Bodies/MLB-patches.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“MLB、ユニフォームスポンサーの導入を検討②” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中