MLB、ユニフォームスポンサーシップの導入を検討①

2019年7月、MLBがユニフォームスポンサーシップの導入を検討していることがわかった。

北米四大スポーツリーグでは、NBAが2017年に初めてユニフォームスポンサーシップを導入し、大きな成功を収めている。

すでにMLBの数チームは、ユニフォームスポンサーシップの価値に関して代理店に問い合わせているという。

MLBのNoah Garden氏は「ユニフォームスポンサーシップの導入は避けられないと思います」と言う。「ただしすぐに導入することはできません。考慮しなくてはいけないことがたくさんありますから。ただ最終的には導入という形になると思います」。

Garden氏が言うように、ユニフォームスポンサーシップ導入にはいくつかのハードルがある。

まず、MLBは選手会と交渉し、2022年施行の新労使協定にユニフォームスポンサーシップに関する合意を明記しなくてならない。

来年からMLBのユニフォームを提供するNikeとも交渉が必要になる。Nikeは向こう10年MLBのユニフォームを提供することになっている。

こういった契約上の問題に加え、ファンの反応も重要な要素となる。

NBAは最終的なユニフォームスポンサーシップの形を決めるまでにいくつかのテストを行い、その都度ファンの反応を見ては微調整を行ってきた。

NBAよりも国民の娯楽としての伝統が長いMLBでは、ファンがNBAの時とは違う反応を見せる可能性もある。

ちなみにMLBは、アメリカ国外の公式戦(日本での開幕戦、ロンドンシリーズなど)ではすでにユニフォームスポンサーシップを導入している。

たとえば、東京ドームで行われた2019年開幕戦では、ユニフォームの右袖にENEOSのロゴが施された。

参考文献:
https://www.sportsbusinessdaily.com/Journal/Issues/2019/07/15/Leagues-and-Governing-Bodies/MLB-patches.aspx

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

“MLB、ユニフォームスポンサーシップの導入を検討①” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中