サッカーワールドカップにおける男女の差①

7月8日に行われた女子ワールドカップの決勝戦は、アメリカ代表がオランダ代表を退け、4度目の優勝を果たした。

試合後のセレモニーでアメリカ代表が優勝のメダルを受け取っているとき、スタンドからは「Equal pay(同一賃金)」という声が上がった。

「女子選手も男子選手と同等の給与を受け取るべきだ」という意味である。

今回の女子ワールドカップの賞金総額は3000万ドル。 一方、昨年開催された男子ワールドカップにおける賞金総額は3億7000万ドルであった。

これはFIFAが選手に支払う賞金である。次に各国の連盟・協会が自国の選手に支払う給与について、アメリカ代表を例に見てみよう。

まず、ワールドカップ予選で勝つごとに支払われるボーナスは、女子が3000ドル、男子が1万2500ドル。

ワールドカップ本選では、男子チームは予選リーグで勝つごとに6875ドル、予選リーグを突破すると追加で8万5599ドルのボーナスが与えられるが、このようなボーナスは女子チームには一切ない。

このような給与の差はサッカーに限らずスポーツ界に広く見られ、その是正を求める声が選手やファンから上がっている。

そして、今回のワールドカップ開催前、アメリカ女子代表チームの選手たちは、アメリカサッカー連盟を相手に訴訟を起こした。その詳細はまた次回。

参考文献:
https://abcnews.go.com/Sports/world-cup-us-women-gender-discrimination-fight/story?id=64109603
https://www.washingtonpost.com/opinions/the-us-womens-soccer-team-has-more-than-earned-equal-pay/2019/07/08/7a5bcd04-a19e-11e9-bd56-eac6bb02d01d_story.html?noredirect=on&utm_term=.9a38eca40743
https://www.nytimes.com/2019/03/08/sports/womens-soccer-team-lawsuit-gender-discrimination.html
https://www.cbsnews.com/news/60-minutes-women-soccer-team-usa-gender-discrimination-equal-pay-2019-07-10/
https://www.forbes.com/sites/niallmccarthy/2019/06/11/the-gender-pay-gap-at-the-fifa-world-cup-is-370-million-infographic
https://www.theguardian.com/football/ng-interactive/2019/jun/28/revealed-the-731003-gender-pay-gap-in-us-world-cup-bonuses

投稿者:

akiraasada

テキサス工科大学スポーツマネジメント学部で教員をしています。専門はスポーツマーケティング。特に、人がスポーツファンになるメカニズムを研究しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中